キーウェアソリューションズ株式会社

製品・ソリューションProducts and Solutions

病理検査システム Medlas-BR

組織診、細胞診、剖検、貸し出し管理、統計など、病理検査室の全ての業務をウェブブラウザで動作する病理検査システムです。オーダリングシステム・電子カルテシステムと連携することで、臨床サイドから検査履歴及び結果レポート照会が可能です。

特長

  • 病理検査業務に合わせたシステム構築
    病理検査業務に対するユーザニーズにお応えできるよう、柔軟性に優れたシステム構成です。
  • 院内システム連携 *1
    オーダリングシステム・電子カルテシステムと連携することで、臨床サイドから検査履歴及び結果レポート照会が行えます。
  • 検査履歴及び結果レポート参照 *1
    外来診察室や病棟にて患者別に検査履歴照会が行えます。病理部門では臨床サイドが結果報告を見ているか否かを検索できる機能を提供しております。
  • 機器接続
    デジタル画像機器、スライドガラス用プリンタといった機器との接続要望にもお応えします。
  • 導入コストの抑制
    Web化およびオープンソースツールの採用したことで従来のシステムと比べ導入時のコストパフォーマンスが向上しました。また、クライアント増設時の費用低減も可能となります。
  • 外部医療機関連携 *1
    ウェブブラウザ上で動作することにより、地域医療ネットワークとの連携、病院間での連携(遠隔病理診断システムなど)が可能です。

*1 オプション機能

標準機能

メイン

  1. 状況一覧
    • 受付された検体の患者属性、臨床診断などを一覧にて表示します。進捗状況を背景色で表現しています。
  2. 受付履歴
    • 指定した患者様の受付履歴を一覧で表示します。より詳細な情報を表示することが可能です。
  3. 症例検索
    • 任意に指定された条件での検索を行います。検索結果を台帳およびExcelでのデータ出力が可能です。
  4. 貸し出し管理
    • ブロック、標本などの貸し出し管理が行えます。未返却情報検索や貸し出されている受付番号の追跡が可能です。オーダリングシステム・電子カルテシステムと連携することで、臨床サイドから貸し出し依頼登録が可能です。

組織診

  1. 受付情報
    • 患者属性、科病棟といった受付に関連する情報の入力を行います。
  2. 依頼切出情報
    • 依頼された部位情報、臓器数、検査種(生検・手術など)、部位毎に切り出されたブロック数、出力したいラベル枚数及び枝番の入力を行います。同時に特殊染色・免疫染色の入力も可能です。
  3. ラベル出力
    • 定型(HE染色および特殊染色)ラベルを出力します。また、フリーイメージのラベルが作成できます。依頼切出情報にて入力されたブロック数、ラベル枚数及び枝番の修正や再発行も可能です。
  4. 結果情報
    • 診断・所見を入力します。報告履歴の管理が可能なので追加報告毎の診断内容が閲覧できます。文字の強調や文字色の編集など多彩な入力ができますので、臨床側で診断結果を参照する際に、注意する箇所などを誇張することが可能です。また、入力した診断の文字列で過去に診断した内容を即座に検索することができます。検索された診断内容の一部を、入力している診断へ反映することも可能です。
  5. 特染オーダ一覧
    • 予め入力されている特殊染色・免疫染色の内容を一覧表示および帳票出力します。
  6. 追加会計票
    • 追加で行った検査が会計にまつわる場合に、追加になった検査内容を出力します。

細胞診

  1. 受付情報
    • 患者属性、科病棟といった受付に関連する情報の入力を行います。
  2. 依頼標本情報
    • 依頼された材料情報、検査種(一般・婦人科など)、材料毎に出力したいラベル枚数及び枝番の入力を行います。同時に特殊染色・免疫染色の入力も可能です。
  3. ラベル出力
    • 定型(PAP染色および特殊染色)ラベルを出力します。また、フリーイメージのラベルが作成できます。依頼標本情報にて入力されたラベル枚数及び枝番の修正や再発行も可能です。
  4. 結果情報
    • 材料毎にクラス・判定・判定区分の入力、診断・所見・細胞成分を入力します。報告履歴の管理が可能なので追加報告毎の診断内容が閲覧できます。文字の強調や文字色の編集、入力した診断の文字列で過去に診断した内容の検索ができます。
      細胞検査士毎に結果の登録を行えます。登録した結果を細胞検査士毎に閲覧でき、ダブルチェック時に結果をコピーすることが可能です。
  5. 特染オーダ一覧
    • 予め入力されている特殊染色・免疫染色の内容を一覧表示および帳票出力します。
  6. 追加会計票
    • 追加で行った検査が会計にまつわる場合に、追加になった検査内容を出力します。

剖検

  1. 受付情報
    • 患者属性、科病棟といった受付に関連する情報の入力を行います。
  2. 剖検情報
    • 死亡日時、解剖日時、身体情報といった剖検にまつわる情報の入力を行います。
  3. 依頼切出情報
    • 依頼された部位情報、臓器数、検査種(生検・手術など)、部位毎に切り出されたブロック数、出力したいラベル枚数及び枝番の入力を行います。同時に特殊染色・免疫染色の入力も可能です。
  4. ラベル出力
    • 定型(HE染色および特殊染色)ラベルを出力します。また、フリーイメージのラベルが作成できます。依頼切出情報にて入力されたブロック数、ラベル枚数及び枝番の修正や再発行も可能です。
  5. 結果情報
    • 診断・所見を入力します。報告履歴の管理が可能なので追加報告毎の診断内容が閲覧できます。文字の強調や文字色の編集、入力した診断の文字列で過去に診断した内容の検索ができます。
  6. 特染オーダ一覧
    • 予め入力されている特殊染色・免疫染色の内容を一覧表示および帳票出力します。

統計

以下の集計結果は台帳およびExcelでのデータ出力可能です。

  1. 日報/月報/年報
    • 受付数、ラベル枚数、臓器数、検査項目(生検、手術、免疫染色、電顕など)を集計します。
  2. 特殊染色別件数
    • 特殊染色/免疫染色別に件数を集計します。

サポート

  1. 各種マスタメンテ
    • システムをサポートするマスタデータの登録および変更を行います。

オプション機能

他システム接続

  1. 電子カルテシステムI/F接続
    • 電子カルテシステムと接続し、依頼情報の受信、到着確認および検査結果情報の送信を行います。
  2. オーダリングシステムI/F接続
    • オーダリングシステムと接続し、依頼情報の受信、到着確認および検査結果情報の送信を行います。

結果参照

  1. 患者別履歴照会
    • 患者番号などの検索条件にて履歴照会を行えます。
  2. 報告状況照会
    • 臨床(依頼)医が結果報告を見ているか否かを一覧で表示します。

画面イメージ

メインメニュー

職員コードとパスワードによりシステムへのログインを管理します。画面上部にある組織診・細胞診・剖検をクリックしますとそれぞれの受付一覧が表示されます。

ポイント

  1. 組織診・細胞診・剖検にて状況一覧が自動的に起動し依頼内容および進捗状況が一目でわかる
  2. 状況一覧に表示されている選択ボタンをクリック後、起動する業務を職種毎に設定可能

患者別履歴照会

ポイント

  1. 患者番号などの検索条件で履歴照会可能
  2. 一覧上の帯をクリックすると詳細画面がスライドされて表示
  3. 職種によって閲覧できる権限を設定することが可能

動作環境

  サーバー クライアント
OS Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012 R2
Windows 7
Windows 8.1
Windows 10
CPU Xeonプロセッサ 2GHz 以上を推奨 Core(TM)i3プロセッサ 2GHz 以上を推奨 
メモリ 4GB 以上 2GB 以上 
HD 1.5TB 以上
*保存日数から容量算出します
40GB 以上の空き容量
ブラウザ Microsoft Internet Explorer 11
Microsoft Edge
Google Chrome

システム構成

お問い合わせはこちらContact

ページトップへ