キーウェアソリューションズ株式会社

会社情報Company

地域・社会との関わり

ここでは、これまでに当社が地域貢献、資源活用、環境問題、文化活動などについて自主的に取り組んでいる活動をご紹介します。

復興支援活動

  • 2011年3月に発生した東日本大震災により被災された皆様の支援や被災地域の復興にお役立ていただくため、 キーウェアソリューションズ及びグループ会社に募金箱を設置し、役員・社員より義援金を募りました。 寄せられた義援金は、社員一同として日本赤十字社を通じ、寄付致しました。
    キーウェアグループは、今後も企業活動を通じ、復興のお役にたてるよう取り組んでまいります。

福島ひまわり里親プロジェクト
キーウェアグループでは「福島ひまわり里親プロジェクト」に参加しています。
「福島ひまわり里親プロジェクト」とは、2011年5月に福島と全国の絆づくり、教育対策、雇用対策、観光対策等々のさまざまな思いを込めてスタートしたプロジェクトです。里親は種を購入し、栽培し、種を採取して送り返します。その種を福島県内で栽培し、採取した種から油を搾り福島県内で使用します。これらの過程で雇用が生まれ、参加者との絆が生まれ、教育効果もあるというものです。
キーウェアグループは2014年から参加し、今年も多くの役員・社員が里親としてひまわりを育てています。

「千年希望の丘」への植樹
「千年希望の丘」は、東日本大震災で被災した宮城県岩沼市の沿岸約10kmにわたって6つの公園(丘)を園路(緑の堤防)でつなぐことで、津波の力を減衰させる役割のほか、いざという時の避難場所となるよう整備されています。丘の土台などには、人々の生活の証である震災ガレキが用いられており、大津波の痕跡や被災者の想いを後世に伝えています。さらに集落跡地などの遺構を保存し、震災の記憶や教訓を国内外に発信するメモリアル公園と防災教育の場として活用されています。千年希望の丘では、2013年から植樹が始まりました。15~20年後には立派な森となり、津波の威力を分散・減衰する「緑の堤防」となります。
キーウェアソリューションズでは、東北支店を中心として2013年から植樹・育樹に参加しています。

地域清掃活動

地域清掃活動
八幡山本社清掃活動
キーウェアでは、本社のある東京都世田谷区で周辺地域の清掃活動に取り組んでいます。地域社会の環境美化や住みよい街づくりに貢献することを目的に、月1回実施し、役員・社員によるボランティアが参加しています。
2020年3月から新型コロナウイルス感染拡大により実施を見合わせておりますが、状況が落ち着きましたら再開したいと考えております。

甲州街道落ち葉清掃活動
キーウェアグループでは、地域社会の環境美化や住みよい街づくりに貢献することを目的に会社近辺の清掃活動を行っておりますが、2020年度は新型コロナウイルス感染拡大により、ほとんどの活動が実施できませんでした。
一方、毎年秋に「八幡山清掃大作戦」と銘打ち実施している八幡山本社近くにある甲州街道の落ち葉掃除については、2020年度も実施いたしました。実施にあたっては少人数短時間等の感染対策を講じ、約150名の役員や社員が参加し、無事に実施することができました。
1964年の東京オリンピックのマラソンコースとして活用された記念として八幡山近辺の甲州街道にケヤキ並木が作られましたが、毎年落ち葉が多く、近所の方々や「甲州街道けやき会」の方々等がボランティアで落ち葉掃除を行われていました。当社も甲州街道を通勤経路としていますので、少しでもお役に立てればということで落ち葉掃除を行っています。
清掃活動は、海洋プラスチックゴミへの対応や環境保全だけでなく、ご近所の方との交流、組織を超えた社員コミュニケーション、心身のリフレッシュ等の効果が得られています。これからも継続して実施していきます。

クレヴァシステムズ清掃活動
港区が主催している「芝クリーンキャンペーン」に参加しています。

詳しくは、
クレヴァシステムズのホームページ(CSRへの取り組み) をご覧ください。

富士山清掃活動
富士山清掃
キーウェアグループでは、株式会社日本パープル様主催の富士山清掃活動に2014年から参加しています。
2019年は富士山アウトドアミュージアム様と共催で、役員・社員の有志とその家族が参加し、河口湖畔の『命を守るごみひろい』を行い、マイクロプラスチックの原因となるごみや野鳥や湖にすむ生き物たちにとって命をも奪う細かなごみを回収しました。
2020年からは新型コロナウイルス感染拡大により実施できておりませんが、世界遺産である富士山を訪れる人が気持ちよく過ごせるような環境作りに協力したいという思いで、これからも参加したいと考えています。

献血

毎日輸血を必要とする方が多くいらっしゃいます。血液は人工で作ることができず、長期保存もできないため、多くの方々の献血が必要ですが、献血率は高くありません。
日本赤十字社から12月は輸血用血液の確保が難しいとのお話をいただき、八幡山本社では毎年12月に献血車にきていただき、会社としての献血を実施しています。
2020年も12月上旬に実施し、予定を上回る社員から協力が得られました。
コロナ禍により血液の確保が厳しい状況であるとのことから、2021年度は年2回の献血を実施する予定です。

2021年6月に実施した献血の様子

教育支援、芸術・文化・スポーツ活動

  • インターンシップの実施
    学生の皆様の職業観、職業意識の形成・向上を目的として、インターンシップを実施しています。
    2020年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、オンラインによるインターンシップを8月と1月に実施しました。
    システムエンジニアの仕事を理解していただくために、お客様の要望を実現するコンサルティングやプログラミングを現役のシステムエンジニアと交流しながら体験していただきました。
    システムエンジニアの業務の流れを経験していただくとともに、オンライン開催を通じて、ウィズコロナ・アフターコロナの時代の働き方について実感してもらう機会も提供できました。
  • 高校生へのキャリア体験学習支援
    NPO法人「学校サポートセンター」を通じて、修学旅行で東京を訪れた高校生へのキャリア体験学習支援を行っています。
  • JICA「世界の笑顔のためにプログラム」
    JICAが年2回実施している、開発途上国で必要とされているスポーツ・文化・教育・福祉などの関連物品の提供者を日本国内で募集し、派遣中のボランティアを通じ世界各地へ届けるプログラムに参加しています。

寄付活動

  • 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)が実施していた「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」に参加
    このプロジェクトは、使用済み携帯電話等の小型家電から抽出されたリサイクル金属を使用しオリンピック・パラリンピックの金・銀・銅あわせて約5,000個のメダルを製作するというものです。国民が参画し、メダル製作を目的に小型家電の回収を行い、集まったものから抽出された金属でメダルの製作を行うプロジェクトは、オリンピック・パラリンピック史上、東京2020大会が初めてとなります。
    キーウェアグループでは、業務用携帯電話約2,200台と付属品等1,700台を提供しました。
    ちなみに、メダル1個の作成に必要な携帯電話は5,000台と言われています。
    微力ですが、東京2020大会にご協力できてうれしく思います。
  • 公益財団法人日本盲導犬協会に業務用携帯電話を寄贈
    携帯電話のリサイクル業者への売却益が協会へ寄付され、携帯電話は希少金属(レアメタル)・プラスチックなどに分解・分別され、資源の再利用に活用されます。
  • 公益財団法人東日本盲導犬協会に未使用テレホンカードを寄贈
  • 使用していない文房具を収集し、一般財団法人NGO「時遊人」に寄贈
  • 札幌ユニセフ協会および認定NPO法人日本災害救援ボランティアネットワークの主催するカレンダーリサイクル市に協賛
  • 使用済み切手を回収し、国際協力NGO「ジョイセフ」へ寄贈
  • 中央労働金庫が主催する、障がいを抱えた方々のはたらく場をつくることができる社会貢献活動「ろうきんエコブック制度 Re Book」に古本を寄贈
  • ペットボトルのキャップを回収し、NPO法人「世界の子どもにワクチンを日本委員会」に寄贈
  • キーウェア西日本㈱およびキーウェア北海道㈱では、役員並びに全社員が社会貢献を身近に考え参加できる取り組みとして、寄付付き自動販売機を設置しています。
    キーウェア西日本㈱:盲導犬育成基金
    キーウェア北海道㈱:ピンクリボン活動支援
    ※寄付付き自動販売機は、飲料を購入すると売り上げの一部が支援団体へ寄付される仕組みになっています。
  • 寄付型リースを活用しています。
    昨年、New Normalな働き方への対応や社員が働きやすい環境整備のため、キーウェアソリューションズ㈱本社のレイアウトや設備の見直しを行いました。必要な設備等の整備に際しては、三井住友ファイナンス&リース様の「SDGsリース『みらい2030®』(寄付型)」を活用いたしました。
    ※「SDGsリース『みらい2030®』(寄付型)」とは、リース料の一部をSDGs達成に資する公益財団法人またはNPO法人に寄付するものです。

ページトップへ