TOPICS
〜 Close Upキーウェア 〜

新たな取り組みやビジネス展開事例をご紹介します

Brand-New Business

萩原電気グループの萩原テクノソリューションズと業務提携

当社は、東海・関西地区を中心に、業務アプリケーション『IFS Applications™』をベースにした製造業向けERPソリューションを提供すべく、2018年10月に萩原テクノソリューションズ株式会社と業務提携を開始しました。同社が自動車関連をはじめとする製造業界で培ってきた顧客基盤や実績と、当社の豊富なソリューション導入ノウハウを活かして、コンサルティングからシステムの構築・運用までワンストップで提供し、東海・関西地区における新規顧客獲得をはかってまいります。

TOPICS

左:萩原電気ホールディングス株式会社
代表取締役社長 岩井 三津雄氏
中:当社 代表取締役社長 三田 昌弘
右:萩原テクノソリューションズ株式会社
代表取締役社長 白木 一成氏

Partnership

優れたセールスパートナーとして2社から表彰

2018年5月、インフォテリア株式会社より、同社が開発したデータ連携ミドルウェア「ASTERIA WARP」の2017年度の販売活動に貢献した企業として表彰され、「ASTERIA Contribution Award 2018」を受賞しました。また、6月には、キヤノンITソリューションズ株式会社より、「Web Performer 2018年度 エクセレントアワード」を受賞。これは、同社のWebアプリケーション自動生成ツール「Web Performer」の2017年度のセールスへの貢献が評価されたものです。当社はこれからもパートナー企業様の製品の強みを活かし、お客さまに最適なソリューションを提供してまいります。
2018年10月1日より「アステリア株式会社」に社名変更

TOPICS

「ASTERIA Contribution Award 2018」を受賞

バックナンバー

2018年6月 更新
ヘルスケアIT 2018に出展し、「健康からだコンパス LifeRoute」を紹介

2018年4月に東京ビッグサイトで開催された「ヘルスケアIT 2018」に出展いたしました。
近年、企業・自治体から、社員や住民の健康を管理するソリューションのニーズが高まっています。当社は、個人の健康情報を記録・管理するソリューション「健康からだコンパス LifeRoute(ライフルート)」のサービス内容の紹介、対応機器の展示に加え、「最先端の健康経営企業や地域医療連携で活用されるヘルスケアソリューション『健康からだコンパス LifeRoute』のご紹介」と題した講演を行いました。健康事業に取り組む自治体、ヘルスケア関連企業など多くの皆さまにご来場いただきました。

TOPICS

講演の模様

2018年6月 更新
クラウドERP、RPA、働き方改革など、最新テーマのセミナーを開催

当社では、最新のソリューションやサービスをご紹介するため、さまざまなテーマでセミナーを開催し、毎回多くの企業の皆さまにご参加いただいております。
今後もお客さまのニーズが高いテーマや最新のトピックを扱ったセミナーを実施してまいります。

2017年10月から2018年3月までに開催した主なセミナー

  • 企業価値を高める 働き方改革セミナー ~ITの利活用による生産性向上~
  • 定型業務自動化セミナー ~噂のRPAを見て実感!~
  • ポスト2020を勝ち抜け、クラウドERPでリアルタイム経営を実現
    (日本電気株式会社と合同開催)
TOPICS

「企業価値を高める働き方改革セミナー」の模様

2017年12月 更新
「Biz∫ Partner AWARD 2017」において、「Excellent Award」を受賞

2017年5月、株式会社NTTデータ・ビズインテグラルが開催した「Biz∫ Partner AWARD 2017」において「Excellent Award」を受賞しました。「Biz∫ Partner AWARD」は、Biz∫製品*やソリューションの効果的提案・活用により顧客企業のビジネスを推進し、価値あるシステム構築を実現したパートナー企業を表彰するものです。当社は、同社の2016年度Biz∫事業に最も大きく貢献した企業として表彰されました。

*「Biz∫」 は、株式会社NTTデータおよび株式会社NTTデータ・ビズインテグラルが提供するERPパッケージです。

左:当社 代表取締役社長 三田 昌弘  右:NTTデータ・ビズインテグラル 代表取締役社長 有馬 勲氏(当時)

左:当社 代表取締役社長 三田 昌弘 / 右:NTTデータ・ビズインテグラル 代表取締役社長 有馬 勲氏(当時)

2017年12月 更新
インフォテリア(株)とASTERIAマスターパートナー契約を締結

当社は2017年7月、企業データ連携市場において11年連続国内市場シェアNo.1*1を誇るASTERIAシリーズの一次販売代理店として、開発元のインフォテリア株式会社と「ASTERIAマスタ—パートナー契約」を締結しました。
クラウドの普及やビッグデータ・AIの台頭により、SoR*2(情報の蓄積を目的とした基幹系システム)とSoE*3(顧客接点の強化を目的とした情報系システム)の両システムをシームレスにつなぐデータ連携基盤のニーズが高まっています。当社は、長年培った基幹系システムの構築ノウハウとASTERIA製品を活用することにより、お客さまに最適なソリューションを提供してまいります。

インフォテリア

*1 出典:テクノ・システム・リサーチ社「2017年 ソフトウェアマーケティング総覧EAI/ESB市場」

*2 SoR:Systems of Recordの略

*3 SoE:Systems of Engagementの略

2017年6月 更新
病理検査システム「Medlas-BR」をリニューアルし提供開始
〜ウェブブラウザ対応で利便性向上と導入コストの抑制を実現〜

「Medlas-BR」は、組織診、細胞診、剖検、貸し出し管理、統計など、病理検査室での全ての業務をサポートし、標本管理と症例検索に優れた医療機関向け病理検査システムです。提供開始以来20年以上にわたり多くの医療機関に導入いただいております。
今回のリニューアルでは、ウェブブラウザ対応およびオープンソースを採用することで、病理検査業務の利便性の向上と導入コストの抑制を実現しました。

Medlas-BR

<製品紹介サイト>
https://www.keyware.co.jp/products_solution/search/medical/medlas-br.html

2017年6月 更新
合弁事業会社「株式会社イーテア」を設立金融と情報・通信技術を基盤とした新しいサービスを提供

2017年5月10日、株式会社ジャパンインベストメントアドバイザー、PCIホールディングス株式会社、株式会社インタートレードおよび当社の上場会社4社は、合弁事業会社「株式会社イーテア」を設立いたしました。
株式会社ジャパンインベストメントアドバイザーの持つ金融業界におけるノウハウや提携先ネットワークを軸に、各社がそれぞれ保有するICTに関する知見と経験を融合し、金融と情報・通信技術の融合であるフィンテックを基盤とした新しいサービスの提供を通じて、金融業界に新たな価値の提供を行うことを目指しています。

左から、インタートレード 代表取締役社長 尾﨑孝博氏、当社 代表取締役社長 三田昌弘、PCIホールディングス 代表取締役社長 天野豊美氏、ジャパンインベストメントアドバイザー 代表取締役 白岩直人氏(写真提供:日本証券新聞)。

2016年12月 更新
人事部長に聞く キーウェアソリューションズの成長戦略を支える人材育成

Q1. キーウェアにおける人財育成の考え方を教えてください。

近年の情報技術の成熟化に伴い、IT業界における競争は激化しています。こうした環境の中でお客様から選ばれる会社であり続けるためには、お客様の信頼と満足を得ることが何よりも重要です。そして、その根幹をなすのは「人」です。「中期経営計画2015」でも、「人財・組織活性化」を基本方針の一つに掲げ、さまざまな施策を進めています。

Q2. 具体的な取り組み内容と、成果について教えてください。

次世代のリーダー候補を育てるべく、2014年から「PM(プロジェクトマネージャー)養成研修」をスタートさせました。若手社員を中心に、課題発見・解決能力や交渉力といったプロジェクトマネジメントに求められるスキルの養成をはかっています。外部講師を招いて「ロジカルシンキング」などの理論を学ぶとともに、管理職もメンター(助言者)として加わり、学びを実務に生かす実践的なトレーニングを行っています。
また、参加者が部門の枠を越えて活発に交流し、「横のつながり」を作ることもこの研修のねらいです。実際、研修終了後に率先して組織横断的な勉強会を開くなど、社員の意識が着実に変わりつつあり、手応えを感じています。
並行して進めているのが、社員の資格取得です。特に「PMP」取得に向けた試験対策に力を入れており、3年間で200名の目標に対し、取り組み開始後1年半で129名が取得しております。このほか資格取得奨励金制度も設け、「情報処理技術者資格」などの取得を促しています。

Q3. 今後の人財育成に関する取り組みや方針をお聞かせください。

意欲あふれる社員に長く働いてもらうために、「ダイバーシティ(多様性)」と「ワークライフバランス」を重視した取り組みを行ってまいります。今後は育成のみならず、働きやすさなどの環境面の整備にも注力してまいります。
10年先の未来を見据え、今まで以上に会社の「人財力」を高め、よい人財がよい人財を呼ぶような企業でありたいと考えています。

※PMP:「プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル」。米国のNPO法人「プロジェクトマネジメント協会」が認定している国際資格で、プロジェクトマネジメントに関するスキルを評価する。

人事部長に聞く キーウェアソリューションズの成長戦略を支える人材育成
2016年6月 更新
広告関連製品 日本郵政グループ JPコミュニケーションズ株式会社様向け「広告業務取扱システム」を納入

郵便局における広告媒体の企画・販売等を行うJPコミュニケーションズ株式会社様向け「広告業務取扱システム」を、日本郵政インフォメーションテクノロジー株式会社様より受注し納入しました。「広告業務取扱システム」は、ポスター、パンフレットといった郵便局への広告媒体の申込の受付・販売や広告の掲出・撤去などの業務を支援するシステムです。JPコミュニケーションズ株式会社様は、2015年8月より運用を開始し、広告取り扱い業務の効率化と営業支援の強化を実現されています。

2016年6月 更新
広告関連製品 株式会社京王エージェンシー様向け「交通広告システム」を納入

株式会社京王エージェンシー様向け「交通広告システム」を、ゼロックス東京株式会社様に販売いただき納入しました。 「交通広告システム」は駅構内や車両等に掲出する交通広告を取り扱う広告代理店向けのシステムで、鉄道事業者としては7社目の納入となりました。

2016年6月 更新
ヘルスケア関連製品 NDソフトウェア株式会社様介護事業者向けソフトウェア「Care Palette(ケアパレット)」に健康管理サポートサービス「LifeRoute-CP」をリリース

体温、血圧などのバイタルデータを対象の測定機器で計測後、専用のICカードリーダーにかざすだけで、計測データを「Care Palette」に自動送信することが可能になりました。介護現場での転記ミスの低減や入力作業の効率化を実現します。

2016年6月 更新
マイナンバー関連製品 マイナンバー対応ソリューション「情報保護金庫」を自治体向けに提供

当社では、重要なデータを安心・安全に管理できるソリューション「情報保護金庫」を提供しています。「情報保護金庫」は、電子データの管理だけではなく、アクセス履歴や修正・削除履歴、システム変更履歴などを完全に記録することができるため、マイナンバーなどの個人情報や機密情報の情報漏洩や不正利用の防止に有効なソリューションです。


導入例:身体障害者手帳交付システム(沖縄県様、宮城県様)
*「情報保護金庫」は株式会社ジムコが提供する「知財創庫®」を使用して構築しています。

2015年12月 更新
産学連携事業 医療安全管理モニタリング情報システム「HoSLM」を開発、販売を開始

産学連携による活動の一環として、東北福祉大学 関田教授(東北大学名誉教授)の医療安全研究グループと、株式会社アウトカム・マネジメントとともに医療安全管理モニタリング情報システム「HoSLM(ホスルム)」を開発し、10月から販売開始しました。
医療現場で発生したインシデント(患者の健康被害に至らないトラブル)およびアクシデント(患者の健康被害に至ったトラブル)のデータを関田教授の医療安全研究グループの研究成果である「医療安全ピラミッド理論」に基づいて分析し、アクシデントが発生する危険性の高まりの把握や、医療安全対策を実施した効果の評価をすることができます。

2015年12月 更新
30年以上にわたり多くの医療機関に導入いただいている臨床検査システムをリニューアル新機能を加えて「Medlas-Fit」として販売を開始

当社では、オーダリング・電子カルテシステムを基盤とし、システム構築・導入・運用・評価改善まで一貫したサービスを提供しています。今年7月、これまで多くの医療機関に導入いただいている臨床検査システム「Medlas21+」に新たな機能を追加。「Medlas-Fit(メドラス・フィット)」として販売を開始しました。


キーウェアの医療ソリューション

2015年12月 更新
農業ICTソリューション「OGAL」の機能を強化
OGAL

当社では、熟練農家の技能の可視化・継承などを支援する農業ICT ソリューション「OGAL(オーガル)」を提供しています。今年8月、地方創生に向けた取り組みとしてNECソリューションイノベータ株式会社の「NEC営農指導支援システム」との連携機能を追加しました。これにより、新規就農者へのノウハウ継承をさまざまな側面から支援するソリューションの提供が可能となりました。