キーウェアソリューションズ株式会社

製品・ソリューションProducts and Solutions

自治体

ソリューションのご紹介

仮想ブラウザソリューション

新たな自治体情報セキュリティ対策として抜本的な強化を支援

総務省が推奨する「自治体情報システム強靭性向上モデル」に対応し、総合行政ネットワーク(以下LGWAN)接続系端末で安全にインターネットから情報収集できる環境を提供します。
自治体情報セキュリティ強化対策事業補助金の活用もご相談ください。

ネットワークの分離

総務省は、新たな自治体情報セキュリティ対策として「三層の構え」からなる抜本的な強化を図るよう推奨しています。

  1. マイナンバーを扱う「マイナンバー利用事務系」の通信を他のシステムから完全に分離し、端末などから情報を持ち出せないようにして住民情報の流出を徹底して防止すること
    * 自治体情報システム強靱性向上モデル
  2. マイナンバーなど情報連携に活用されるLGWAN環境のセキュリティを確保するため、「LGWAN接続系」の通信と「インターネット接続系」の通信経路を分離すること
    * 自治体情報システム強靱性向上モデル
  3. 都道府県と市区町村が協力して、自治体情報セキュリティクラウドを構築し、高度な情報セキュリティ対策を講じること

端末の物理的な分離によるネットワークの分離

LGWAN接続系端末をインターネットから分離するには、重要情報を扱う端末とインターネットに接続する端末を物理的に分けることで対応可能です。

その一方で、

  1. 端末の追加購入かつネットワークの二重化による導入コストの増加
  2. 2台の端末を使用した業務を強いられることによる単純ミスの誘発や作業効率の低下

の要因となるばかりか、分離した端末間の人為的な情報コピーなどによって、更なる情報漏えい事故が発生する恐れがあります。

仮想ブラウザソリューションによるネットワークの分離

インターネット環境分離のニーズに対して、当社の シンクライアントソリューションGO-Global により、仮想環境上に用意したブラウザから安全にインターネットを利用できる低コストかつ強靭な環境を提供します。

  1. 簡単導入
    • 仮想ブラウザサーバーを設置するのみ
  2. Active Directory不要
    • インターネットに接続するだけであればActive Directoryは不要なため、導入コストを抑制
  3. リーズナブルなライセンス費
    • 同時接続ユーザー分のライセンス数でOK

インターネットへの接続は、仮想環境上に用意した仮想ブラウザ*2を起動してご利用いただけます。
庶務事務や文書管理などイントラネット内のWebシステムを利用されている場合は、LGWAN接続系端末にインストールされているブラウザ*1を利用して接続します。
(インターネットを経由する必要がなければ、あえて仮想ブラウザを利用する必要はありません)

利用環境

GO-Global for Windows5 (Ver5.0)

  サーバー クライアント
OS Windows Server 2012 R2 Windows 7/8/8.1
ブラウザ - 1.Internet Explorer 11(推奨)
2.Mozilla Firefox 31
3.Google Chrome
Active Directory 不要
ライセンス 同時接続ユーザー(50ユーザー/単位)

シンクライアントソリューションGO-Globalは こちら をご覧ください。

ページトップへ