ホーム > 製品情報 > 電子錠システム > Interactive CLIQ

Interactive CLIQ

 CLIQ(クリック)は、従来の普通の鍵(メカニカルキー)と形状が似ていますが、キーに内蔵されたメモリーに記録された暗号化情報を利用して、ソフトウェアで扉の施解錠をコントロールするロック・アクセスコントロール(出入管理システム)です。
既存の錠前を専用シリンダーに取り替えるだけで、導入・操作・管理が簡単でありながら、極めて精度の高い情報保護・セキュリティシステムを実現することが可能となります。

電子錠システムCLIQ

  • シリンダーとキーの付け替えのみで出入管理が即可能
  • 配線/電気工事が不要のため工事費が極めて安価
  • 1本のキーで複数シリンダーの施錠/解錠が可能
  • 鍵山が一致、かつ、電子認証の二重ロックにより合鍵の作製が不可能
  • 紛失したキーを使用不可能にする事で、紛失リスクを軽減

特長

Interactive CLIQ CLIQキー/シリンダー&南京錠
メモリーを内蔵したキーと多種多様なシリンダー&南京錠により、人が出入りする扉はもちろん、これまで出入管理が難しかったあらゆる扉の出入管理を可能にします。
出入管理 - CLIQ Webマネージャー
クラウドベースのWebシステムにより、キーコントロールの設定・履歴蓄積/確認が可能。遠隔地にある拠点のキーやシリンダーも効率的に管理出来ます。
主な適用施設
企業オフィス・事務所、商店、病院、大学
図書館、政府機関、防衛施設
通信設備、鉄道/空港設備
遠隔地の無人施設     など

CLIQのメカニズム

キー/シリンダーのメカニズム


1本のキーとシリンダーの組み合わせは自由

  • 施錠/解錠をソフトウェアにてコントロール
  • 管理用ソフトウェアにより施解錠可能なシリンダーの割り当てやキーコントロールを容易に設定
  • 1本のキーとシリンダーの組み合わせを自由に設定出来るため、多数のキーの管理から開放
  • 「いつ」「どの鍵が」「どのシリンダー」に挿し込まれたかの履歴の確認が可能

コストパフォーマンス

電子錠システムCLIQは、出入管理システムに要求される機能を低コストでご提供可能です。


ケース1.複数のテナントビルの共用部ドアを出入管理する場合

事例-1.テナントビル共用部ドアへの適用

テナントビル5棟の共用部分重要施設の出入管理を実施

・エレベータ-室
・機械室
・電気室
・管理事務室
・管理用倉庫 ・・・・・等

に対して、①従来式のICカード型出入管理と②電子錠システム「CLIQ」の導入費用を比較


ICカード型出入管理システム>電子錠システム「CLIQ」


ケース2.1店舗/オフィスのドア3ケ所に出入管理を初期導入する場合

事例-2.店舗/オフィスのドア3ケ所への適用


従来の出入管理システム>電子錠システム「CLIQ」



※ 価格や販売条件についてはお問い合わせ下さい。


お問い合わせはこちら

第二営業部
〒156-8588 東京都世田谷区上北沢5-37-18
TEL:03-3290-6770
FAX:03-3290-6744
E-mail:E-MAIL