ホーム > 製品情報 > 生体認証関連製品 > 指ハイブリッド認証モジュール

指ハイブリッド認証モジュール

 指ハイブリッド認証モジュールは、キーウェアが開発したCPUボード「ライトニングアイ」とNECの非接触型指ハイブリッドスキャナ(HS100-10)を組み合わせた製品で、世界最高レベルの本人認証を実現しています。

指ハイブリッド認証モジュール

 近年、情報漏えいや不正アクセスなどを防ぐための本人確認の有効な手段として、生体認証を用いる動きが企業の入退室管理をはじめ、金融機関や地方公共団体等のさまざまな場所で進んでいます。

 本人確認に生体認証を利用する場合、(1)認証精度の高さ、(2)誰でも利用可能、(3)なりすましの防御、が重要になります。キーウェアは、これらを兼ね備えたNEC製の指紋・指静脈による「非接触型指ハイブリッドスキャナ」と当社が独自に設計・製造した組込用途向けCPUボード「ライトニングアイ」を組み合わせてモジュール化しました。

 入退室リーダ・複合機・キオスク端末等、セキュリティのニーズが求められる機器に本モジュールを実装することで、これらの機器の利用において、セキュリティを強化することができます。


CPUボード「ライトニングアイ」
  • 誰にでも使える高セキュリティな指ハイブリッド認証を、お客様の装置やシステムへ組み込み可能
  • 組み込み用途向けに多様な外部インタフェースを提供

今まで導入が難しかったさまざまな場所に指ハイブリッド認証を組み込めます。


特長

  1. 指ハイブリッド認証機能が動作可能な小型モジュール
    • ハードウェアとソフトウェアをモジュール提供
    • 低消費電力を実現
  2. カスタマイズ対応も可能
    • お客様の仕様に合わせたカスタマイズ開発も可能

指ハイブリッド認証について

  • 指紋と指静脈の2種類の生体情報で本人認証
  • 世界最高水準の精度を誇る独自アルゴリズム
  • センサ面に触れない非接触の読取りのため、衛生的かつ優れたセキュリティ
  • 2つのバイオメトリクス認証の組合せにより、適用率が拡大 → 乾燥指や多汗症、血流不安定などの状態に左右されにくい
  • 指紋情報、静脈情報を一度で読取・認証を行うため、なりすましが困難 → オフィスの重要な拠点、高いセキュリティが求められるサーバルーム・金庫室・重要書庫などのエリアに最適

なお、非接触型指ハイブリッドスキャナ「HS100-10」の特長、仕様の詳細はNECの製品紹介ページをご覧下さい。



適用領域例

入退室管理システムの本人認証

中央電子株式会社・三和コンピュータ株式会社・キーウェアソリューションズ株式会社の三社で開発し、中央電子製『Acsaran』(アクサラン)シリーズの認証装置として販売予定。

  • カードレスによる入退室管理が可能
    指ハイブリッド認証装置とテンキーリーダを組合せることでカードレスによる入退室管理が可能
    ・IDカードの管理が不要
    ・IDカードの紛失・盗難リスクなし
    ※カードリーダとの組み合わせも可能
  • 重要室向け管理機能を提供
    入退室管理の基本機能に加え、アンチパスバック機能・在室管理機能等の管理機能も利用可能

入退室管理システムの機能


キオスク端末(行政サービス、ATM)、複合機での本人認証

キオスク端末、複合機での本人認証


その他、セキュリティ/金融/産業機器/医療/福祉/サービス業等にも適用可能


CPUボード「ライトニングアイ」仕様

CPU ARM Cortex-A9 Dual Core 1.2GHz
OS Linux
メモリ 1GB
インタフェース RS-232C、USB、LED、LAN、接点入出力、MicroSD
電源 DC 5V
消費電力 8.0W以下
温湿度条件 0℃~50℃、20%~85%(結露なきこと)
外形寸法 110(W)×70(D)×17(H)mm
質量 50g以下


*ライトニングアイは、キーウェアの登録商標です。


お問い合わせはこちら

第二営業部
〒156-8588 東京都世田谷区上北沢5-37-18
TEL:03-3290-6770 FAX:03-3290-6744
E-mail:E-MAIL